PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --時--分 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

二代目つじ田 「味噌の章」@淡路町

藤沢と横須賀の販売会も終わり…今日は事務所に加工品を届けに向かいます。
日本経済の衰退ぶりは激しく消費不況は一向に回復しません!
自動車にしろエコ家電にしろ需要の先食いに過ぎず、節約志向は増すばかりで商品は売れない。
国民が欲しがる新製品が開発されないのも原因ですが、「良い品を安く買う」という事より「それなりの品を凄く安く買う」事の方に目が向いているのも問題だと思います。
「付加価値の高い商品」を開発してきた日本の産業が「付加価値の低い商品」を外国で生産していては、本当に国内の産業は空洞化していきます!
日本人の懐が豊かにならないかぎり、デフレからの脱却は出来ません。
昼過ぎに事務所を閉めて…淡路町にある未食のお店、二代目つじ田 味噌の章に向かいます。
二代目つじ田@小川町には何度か伺っていますが、「味噌の章」@淡路町も行列も出来る人気店だ。
二代目つじ田 味噌の章@淡路町
二時頃、店頭に到着すると先客3名で行列も無い…券売機で「味噌ラーメン」の食券を購入して店内に入ります。
店内は接客の女性スタッフと厨房の男性スタッフの3名体制です。
食券を女性スタッフに渡した後に、後客が増えてほぼ満席になったので、お客さんの切れ目に入れてラッキーだったようです!(^^♪


メニュー@二代目つじ田 味噌の章
味噌ラーメンと辛味噌ラーメンの二本立てのメニュー構成で、各味付け玉子入りが有ります。
本格的な札幌系の味噌ラーメンの作り方で、中華鍋で「もやし」とスープと味噌を焼くタイプです。
有る程度の数を一度に作る為に、出来上がりに時間が掛かりますが、香ばしい味噌スープの焼ける音を聞いているとお腹が鳴ります。
卓上には、「一味唐辛子」「柚子七味」「生おりしにんにく」が用意されていて途中で使うと楽しそうだ!
東京にも「純すみ系」のお店も多くなり本格的な札幌ラーメンだ食べられるようになったが、二代目つじ田味噌の章」のスープの最後の一滴まで楽しめる、やさしい味わいに仕上げているとの事
そんな案内を読んでいると…味噌ラーメンが完成です。
味噌ラーメン@二代目つじ田 味噌の章
熱々のラードに蓋をされたスープには、赤湯の老舗よろしく青海苔が浮いて…角切りのチャーシューと薄切りチャーシュー、濃い目に味付けされた細切りメンマ、歯応えのある、もやしが美味しい。
「純すみ」系のスパイシーな味噌ラーメンとは違い、まろやかな甘味を感じされる生姜がアクセントの本場札幌ラーメンのスタイルで美味しい。
オーソドックスなスタイルでいて、濃厚でいてあっさりした味噌スープは後味も良い。
麺は三河屋製麺の特製平打ち麺でスープの吸い上げも良く旨い。
一味唐辛子を試したり、にんにくを入れたりと楽しく食べてお店を後にします。
スポンサーサイト

| ラーメン(千代田区) | 16時46分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑















非公開コメント

http://rentier61.blog98.fc2.com/tb.php/570-d5c1c95b

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。