PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --時--分 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

東京名物…酒粕定食魚久@銀座

今日は一月のクリアランスセールの商品の整理を事務所でして…商品タグの付け替えをします。
委託商品の整理ですが、売れている商品はどれも低価格の商品で国内の節約傾向が鮮明になり、今まで高額品のヒット商品が無いだけに、イメージ商品のプロモーションだけでは限界な感じです。
「101回目のプロポーズ」的な商品と宣伝を劇的にやらないと業界的には浮上しないのが現実です。
社団法人を持つ業界ですが、個々の会社の利益しか考えない企業は、まとまりも無くJJFの様な大小売屋台村です!
今日は事務所の近くにある京粕漬魚久@銀座」で昼食にします。
言わずと知れた、人形町で大正3年創業の京風酒の粕漬のお店の支店です。
奈良で料理の修業をした創業者が、人形町で「高級鮮魚店」を開店して…その後、昭和40年に京風酒粕漬専門店「魚久」に成りました。
子供の頃、父親が買って来てくれる特別な食材として、家族で食べた思いが有ります。
最近は、百貨店の食品売り場や直営店も出来て…人形町まで足を運ばなくても購入出来ます。
京粕漬 魚久@銀座
二階にイートインの食事処が有り、そちらの食事処で銀だらの粕漬定食を注文します。
魚久でイートインの食事処が有るのは、本店@人形町と銀座店の二店です!


食材として買って来て家で、食べる事が多い魚久粕漬ですがお店で食べるのは初めてです。
銀座店の二階の食事処は、窓側のカウンター席が約8席と2席のテーブル席が一つ…約10席の長テーブル席が1卓の
構成で、御飯のお代わりは、自由です!
銀だらの焼き上がりを待つて粕漬定食が提供されます。
銀たら粕漬定食@魚久
厚みのある銀だらと卵焼き、日替わりの小鉢で…今日はヒジキと豆、ゴボウの梅干和え、美味しい漬物です。
厚切りの銀だらは、店頭で買う切り身より厚切りで迫力があり旨い!
手作りの玉子焼きとヒジキの煮物が美味しくて感動します。
大正時代に米問屋が多く人形町にあった事もあり…そんな事も意識してか御飯のお米が美味しい。
今までお代わりした事のない、御飯を大盛でお代わりしてしまいました。
銀たら酒粕漬@魚久
小鉢3点と漬物@魚久
老舗の味で今も東京に残る…酒粕漬の専門店です。
手軽にお店の二階で食べられる定食ですので、便利な東京の味の一つだと思います。
次回は、さわら粕漬定食にしてみよう!
スポンサーサイト

| 和食 | 23時29分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑















非公開コメント

http://rentier61.blog98.fc2.com/tb.php/435-694996b7

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。